産後、骨盤矯正をするのに一番いい時期は?? 高松市 産後整体 空と海mama*

こんにちは、整体院 空と海mama*です^^

よく、「骨盤矯正するには産後6ヶ月までがいい!」といいますが、

6ヶ月以降では骨盤矯正しても意味がない、という訳ではありません。

妊娠するとリラキシンというホルモンが分泌されて、靭帯や関節を緩めます。

このホルモンは妊娠初期から分泌がはじまって、臨月のころにピークに。

このホルモンが分泌されて、緩んでいくことで赤ちゃんを出産できる環境をつくっています。

およそ体重3000g、頭の大きさが10cmの赤ちゃんがとおれるように、骨盤が開いていくんです。

(といっても、骨盤自体は動くのは数ミリで、出産時は子宮口が開大していきます*                       この変化、ほんと女性のからだってすごいーー!!)

このホルモンは、出産後2〜3日で分泌自体はとまりますが、産後も一定期間は影響が残ります。

その期間がよくいわれている”6ヶ月”ということです^^

 

なので、6ヶ月までに骨盤をととのえるのはとっても効果的なことです!

出産である意味で、今までの”自分のからだ”がリセットされて、しかも体もゆるんでいるので

そのタイミングでととのえるのはチャンス♪

 

でも、だからといって、産後6ヶ月が全てではなくって。

産後6ヶ月過ぎたら、骨盤がカチっと固まって動かない!

というわけではなく、ゆるやかに動くリズムは元々もっています*

なので産後、数年経っていても骨盤のゆがみや広がりととのえ、産後太りや歪みを改善していくことがいつからでもできます^^

 

何年経っていても体は出産のときのことを覚えていますよーー*。

 


 

整体院 空と海mama*。

http://高松産後整体.xyz

コメントを残す