産後の座り方はどうしたらいい? 高松市 産後整体 空と海mama*

産後は骨盤がゆるゆるで、ぐらぐらな状態。

なので、「骨盤が動きやすので歪みもととのえやすい」というメリットがあります♪

だけど反対に、「姿勢を気をつけてみてあげないと歪みやすい」というデメリットも。

 

特に気をつけたい座り方は、

1、女の子座り (かわいくみえるやつ笑)

2、横座り (ちょっと色っぽくみえるやつ笑)

3、足を組んでイスに座る (かっこよくみえるやつ笑)

 

1、3は、頭から足まで歪みやすくて、2は骨盤を外に開いてしまうので、お尻が大きくなりやすいです。

ちなみに、産後は骨盤底筋をはじめインナーマッスルが、ゆるんでしまっている状態なので、

こういう姿勢になりやすいけれど、出産していない女性でも、こういう姿勢になりがちな方は、

骨盤底筋がつかえずインナーマッスルがつかえてないことが多いので注意です。

(放っておくと、若くして尿漏れしたりします・・)

芯がなくてぐにゃぐにゃのこんにゃくを立てらせておくのって、めっちゃ難しいのといっしょで笑、

体の芯がぐらぐらだと体のどこかに負担がいって痛みにつながったりもします。

 

あと、気をつけたいのが、イスに座っている時の姿勢。

背もたれにもたれて、猫背の姿勢になっていませんか??

猫背の姿勢になると、骨盤が後ろに倒れて外に広がりやすくなってしまいます。

ということは、お腹がぽっこりしやすい姿勢になり、肩こり・腰痛なども出てきやすいです。

授乳中はどうしても、猫背の姿勢になりやすいと思いますが、思い出した時に姿勢を意識してみてください!

 

姿勢ってつい自分のクセが出てしまいやすいけれど、姿勢を意識するだけでも体をととのえられるし、

何より気持ちが変わります。

姿勢をととのえて、胸が開いている姿勢で落ち込んだり悲しんだりできない笑。

いつも自分がどんな姿勢をしているか、みてあげるのは大事なことやなぁとおもいます^^

 


 

整体院 空と海mama*

コメントを残す