肩こり・腰痛にならない抱っこひもの使い方♪ 高松市 産後整体 空と海mama*

高松市の女性専門の整体院 空と海mama*です。

最近は、抱っこ紐もスリングタイプではなくこういったタイプ↓

の抱っこ紐をよくみかけますし、一番使われていますね^^

この抱っこ紐も、使い方次第でラクにしてくれたりもするし、

逆に肩こりや腰痛を招いたりと体を悪くもします。。

ということで今回は、肩こりや腰痛にならない抱っこ紐の使い方を書いていきます♪

今回は、甥っ子に協力をあおぎ、兄夫婦もつかっているエルゴで説明していこうと思います♪

 

抱っこひものつかい方

①腰ベルトを巻く位置

まず腰ベルトは、くびれているところに巻くのではなく、

骨盤のぼこっとしてる骨の真上に巻くこと!!

こういった感じですね^^

これ、腰のくびれの位置に巻いちゃうと、余計に腰が沿って腰を痛めやすいので注意です。

 

②肩ベルトの長さ

結構、この長さがミソで大事です!

割とこの写真のように長めにしている方を見かけますが、

肩ベルトが長いと子供と自分との間が空いてしまって、

重心が前に引っ張られるカタチになります↓

こうなると、余計に子供が重く感じてしまい、

前に重心が引っ張られると余計腰が沿って、腰が痛いは肩が凝るはもう大変・・・

という状態になります。

なので、子供と自分が苦しくないくらいにくっつくくらい、肩ベルトを短くして

子供の頭が自分のあごの辺りにくるように調整するのがベスト♪

こういった感じですね^^↓

 

 

③背中ベルトの長さ

これも結構大事です。この背中ベルトも長過ぎちゃうと、ベルトが外に逃げるカタチになります↓

こうなると、猫背の姿勢になりやすく肩凝りにもなりやすいのです。

なので、肩ベルトは肩の中央にかかるようにして、背中ベルトを短くしてください。

こういった感じですね^^↓

 

この3点だけ気をつけてもらえると、腰痛や肩こりになりづらく、

ラク〜にこどもを抱っこすることができますよ♪♪

ぜひ試してみてください^^

 

《編集後・・》

わーわー泣いていましたが笑、

撮影に協力してくれた甥っ子ちゃん♪

ありがとうね〜!

 


 

当院は、

産前・産後の不調、産後の骨盤調整、

不妊、婦人科疾患、生理痛や生理不順、

便秘、頭痛、肩こり、腰痛など・・・

女性のための整体院です。

整体院 空と海mama* 大西早織

メニュー・料金 / お客様の声 / プロフィール / アクセス 

初回整体コース お試し体験 一日2名様限定!! 8,000円→3,000円

住所:〒760-0080 高松市木太町1910-2 メニーフィールズB棟103号
営業時間:10時~18時
定休日:月曜日 (完全予約制)
電話番号:087-805-5354

コメントを残す