子どものぐずりや泣きわめき、砂糖が影響!? 高松市 産後整体 空と海mama*

高松市の女性専門の整体院 空と海mama*の大西早織です。

夏休みが始まりましたね!

ママたちからは、この夏の戦いを超えられるか・・

という声が届いていますが・・苦笑

子供が家にいる時間が長い分、

ぐずったり泣きわめいたりも増えて

お菓子やアイス、ジュースでなんとか繋いでいる・・

というママは多いのではないでしょうか。

ですが、実はそれは余計にぐずりや泣きわめき、キレやすさを

助長しているかもしれないのです!

 

砂糖が子供の体に与える影響とは?

 

今、スーパーに売られているお菓子・アイス・ジュースは

必ずと言っていいほど”砂糖”が含まれていますね。

この甘いものを食べると体はどうなるかというと、

まずは、血液の中で急激に血糖が上昇します。

それに対して体は、「急激に血糖が増えたぞ!!」と、

血糖を下げるためにインスリンを大量に分泌して

ガクンと血糖を下げてしまうんです。

なので甘いものを食べた直後はいいのですが、

数時間のうちにガクンと体は低血糖状態になってしまいます。

 

 

そうすると、体は「低血糖はやばいぞ!!」

血糖を元に戻そうとして、アドレナリンを分泌して

血糖を上昇させようとします。

ですが、アドレナリンは交感神経も興奮させてしまう作用が

あるので、この興奮を発散させるために、子どもは

ぐずったり、暴れたり、泣きわめいたり、大声を出したり

するんです!!

しかも、この糖を処理するのに、大量のミネラルとビタミンを消費するので、

ご飯を食べているのに、栄養失調気味になってしまうんです!

 

もっと欲しくなる砂糖・・

 

ぐずりや泣きわめき、異常に落ち着かない子どもは

こう言った低血糖や栄養不足の状態になっていることが多く、

再び甘いものを欲しがります。

一時的には落ち着きますが、数時間するとまた欲しがる。

食べれないと、ぐずる、怒る、泣きわめく。

無限ループにハマるんです。

その間は、子どもの体の血糖値は乱行下して、暴走状態

上がったり下がったりまるで嵐のような状態になり、

体の中はぐったり。

 

実際にお菓子やジュースを毎日食べるお子さんは、

気分のアップダウンが激しく

あまり食べないお子さんは、

落ち着いている子が多いです。

子供の特性や性格以上に現れているものですね。

 

子供は元気で明るく、はしゃいでいるのがいい^^

ですが子どもが

異常にテンションが高ぶったり、

感情が荒ぶったりしているなら、要注意!!

そんな時は、食生活を見直してみると、

ママも子供も穏やかに過ごせる

きっかけになるかもしれまんせんよ^^

まずは、1日砂糖断ちしてみると、

体と心の変化を感じ取れるので、

この夏休みを乗り切る一つの方法として

試してみてくださいね!

 


 

産前・産後の不調、産後の骨盤矯正、

不妊、婦人科疾患、生理痛や生理不順、

便秘、頭痛、首こり・肩こり、

腰痛・ヘルニア・座骨神経痛など・・・

女性のための整体院です。

整体院 空と海mama*

メニュー・料金 / お客様の声 / プロフィール / アクセス 

初回整体コース お試し体験 一日2名様限定♪ 8,000円→3,000円

住所:〒760-0080 高松市木太町1910-2 メニーフィールズB棟103号
営業時間:10時~18時
定休日:月曜日 (完全予約制)
電話番号:087-805-5354

コメントを残す