除菌は逆効果!?子どもの身体が弱くなる理由とは 高松市 産後整体 空と海mama*

高松市の女性専門の整体院 空と海mama*の大西早織です。

近年は除菌・抗菌ブームで、除菌シートに除菌せっけんアルコール消毒・・

など除菌・抗菌グッズが並んでいますね。

お子さんには除菌に対して、

より敏感になっているママも少なくないです。

よくない菌が体に入って病気になっちゃったら・・

と思うかもしれませんが、

この除菌・抗菌というのに過敏に反応してしまうのは、

本当に子どもの体にとって良いものでしょうか??

今回はそれについてまとめていきますね^^

 

除菌しすぎるとどうなる??

 

雑菌・細菌と聞くと、なんだか体に悪そうなイメージがある方も

多いのではないでしょうか??

CMなんかを見ていても、ばい菌退治のように

悪者にされていることが多いですもんね^^;

ですが、体の表面にも菌はいますし、

腸内細菌のように体内にも菌はいて

私たちの体を守ってくれる存在なのです。

持ちつ持たれつ、ヒトは菌と共存しながら生きていて、

もしヒトから菌がいなくなってしまったら、

ヒトは生きていけなくなってしまうんです。

なので必要な菌の存在もあるということは、

知っておいてくださいね^^

 

で、除菌しすぎるとどうなるかという話に戻すと、

昔は子どもは外で泥んこになって遊んで、

いろんなものに触れたり、口に入れてみたりして、

興味の向くままに、色んなものと接していました。

我が家では食べ物を落としたら、3秒ルール!と言って、

普通に口にしていました笑。

だいたい3秒以上経っていて、

落とした時間は関係ないんですけどね笑。

ですが現代は、触っちゃダメとか汚しちゃダメとか

ストップをかけることも多いですし、

こまめに除菌シートで手を拭くなんて場面も

よく見るようになりました。

実は、

除菌・抗菌をして菌に触れる機会が少なくなればなるほど、

体は適応できなくなって、普通ならなんともない菌に

負けてしまうんです!

”こんな菌知らないぞ・・どうしたら良いんだ!?”

と体は混乱して、抵抗できなくなる。

=抵抗力、免疫力が弱くなるということです。

なので、本当は適度に遊んで適度に汚れて

適度に外の世界の菌に触れることって大事なんですよ^^

 

 

子どもの免疫は3歳までで決まる!?

 

子どもはお母さんのお腹にいる時は、無菌状態で

菌に触れることはありません。

この世に産まれた瞬間に、一気に菌との触れ合いが

始まるんです!

そして、腸内細菌は3歳までに触れ合った菌によって

定着して、その菌たちによって免疫力の高い低いが

変わるんです。

子どもってなぜだか、なんでもかんでも

口に入れてしまいますよね。

でもそれによって、たくさんの菌と触れ合っているんです。

 

なので、3歳まで自由に色んなものと

触れ合っていくことが、

子どもの免疫を高めることにつながっていくんですよ^^

衛生環境が悪いところを選ぶ、というわけでなく、

適度に色んなものに触れて口にすること。

子どもの体は案外丈夫です!!

大丈夫、見守ってあげてください^^

菌と触れ合うことで、

あなたの子どもも元気にすくすく育つことを

願っています*。

 


 

産前・産後の不調、産後の骨盤矯正、

不妊、婦人科疾患、生理痛や生理不順、

便秘、頭痛、首こり・肩こり、

腰痛・ヘルニア・座骨神経痛など・・・

女性のための整体院です。

整体院 空と海mama*

メニュー・料金 / お客様の声 / プロフィール / アクセス 

初回整体コース お試し体験 一日2名様限定♪ 8,000円→3,000円

住所:〒760-0080 高松市木太町1910-2 メニーフィールズB棟103号
営業時間:10時~18時
定休日:月曜日 (完全予約制)
電話番号:087-805-5354

コメントを残す